ウェディングパック

入門者・初級ファンでも
速くてかんたん楽々ビデオ編集!




電子版無料チュートリアルブック
無料体験版

PowerDirector 12 Ultra (パワーディレクター 12 ウルトラ)は、PC 用 HD ビデオ編集ソフト PowerDirector シリーズの最新版です。新しく追加されたマルチカムデザイナーは 最大 4 本のビデオクリップを切り替えながら 1 つのビデオを作成するユニークな機能です。ビデオクリップは音声で同期をとることができるので、同時撮影したクリップを使って複数のアングルを切り替えるビデオの作成に役立ちます。 また、テンプレートにビデオと写真をはめ込むだけでお気に入りの BGM を使ったフォトムービーを作成する新たな機能テーマデザイナーも追加されました。

 

詳しく
メディア創作を
新しい次元へ
詳しく
わかりやすい
操作画面
詳しく
豊富な
エフェクト
詳しく
高速
ビデオ編集
詳しく
作品をさまざまな
方法で共有

メディア創作を新しい次元へ

ビデオ制作にかける情熱を新しい次元へと昇華させる時がやってきました ! PowerDirector 12 Ultra の新機能マルチカムデザイナーで、最大 4 本のビデオクリップを切り替えながら 1 本のビデオを作成できます。テーマ-デザイナーを使えば、ビデオを写真をテンプレートにはめ込んでいくだけでお気に入りの BGM を加えたフォトムービーをかんたんに作成することができます。

マルチカムデザイナー 新機能

最大 4 本のビデオ使ったユニーク編集機能

最大 4 本のビデオクリップを、まるでテレビ番組のカメラのように切り替えて 1 つのビデオに編集する機能です。ビデオクリップは、音声、タイムコード、各クリップに手動で加えたタイムスタンプで同期できます。
>> 特設ページで詳しく解説中 !

superfrog

テーマデザイナー 新機能

かんたんにフォトムービーを作成

ビデオと写真をスタイリッシュなフォトムービーに変換するかんたんでパワフルなツールを体験してみましょう。PowerDirector 12 に用意された 30 種類を越えるテンプレートに、ビデオと写真をドラッグアンドドロップではめ込んでいくだけで作成が可能です。

  • ステップ 1: テンプレートを選択
  • ステップ 2: 写真とビデオをはめ込み
  • ステップ 3: BGM を加えて書き出し !
フィルム ストリップ
メディア ウォレット
ノートブック
ピクチャー フレーム

デザインスタジオツール

タイトル、PiP、パーティクルエフェクトカスタマイズ

PiP (ピクチャーインピクチャー: ビデオの中に写真やビデオを重ねる効果)、タイトル、パーティクル (星や花びらなどの粒子状のオブジェクトを画面にまき散らす効果) をもっと自由にデザインしましょう。 キーフレームで各エフェクトの動作を正確に制御できます。編集後には Blu-ray や AVCHD 形式の DVD にチャプターメニューを付けて記録できます。

PiP デザイナー

画面の中にもう一つの写真やビデオをはめ込む効果を編集できます。

タイトルデザイナー

テキストエフェクトを編集する画面です。テキストにグラデーションをかけることができます。

パーティクルデザイナー

花びらや雪、星屑や炎など画面に降らせる効果を編集する機能です。

メニューデザイナー

チャプター選択画面のデザインを編集する機能です。オリジナルの写真を追加できます。

モーションブラ- 新機能

PiP とタイトルエフェクトの動きがよりリアルに

PiP オブジェクトとテキストタイトルの動作中にブラ- (ぼかし) 効果を与えることができます。動くオブジェクトにぼかしが加わることで、より実際に近い映像効果を与えることができます。

わかりやすい操作画面

PowerDirector 12 には初めてビデオ編集を行う方もすぐに使いこなせるパワフルなツールが用意されています。100 種類を越える編集ツールで、ビデオと写真を使って自由にビデオ作品を製作できます。ビデオ素材を用意するだけでフォトムービーを作成する機能も用意されています。

思うままにビデオを編集

用途に合わせて使い分けできるさまざまな編集モード

PowerDirector 12 を起動するとはじめに編集モードを選択することができます。通常の編集モードでは、タイムラインに最大 100 本のトラックを追加できるようになっており、トラックにはテキストや PiP エフェクト、ビデオ、写真、音楽を自由に配置することができます。

 

どのように編集を進めていいかわからないという方は、イージーエディターがお勧めです。Magic Style という自動ビデオ編集機能を使って、テンプレートとビデオと写真、そしてお気に入りの BGM を選ぶだけで PowerDirector 12 が自動でフォトムービーを作成してくれます。

パワフルな編集ツール

想像力を解放する編集ツール

ビデオ編集の高いスキルをお持ちの方には、きっと PowerDirector 12 の幅広い編集ツールと効率的で生産性の高い編集環境を気に入っていただけると思います。



100 本のトラック

最大 100 本のタイムライントラックを追加して、ビデオ、音楽、写真に加え、PiP、タイトル、パーティクルエフェクトを配置できます。

キーフレーム

キーフレームの追加や位置の変更を 1 つのソフトウェア画面行え、かんたんにエフェクトのタイミングや同期を図ることができます。

メディアライブラリー

編集素材となるビデオや写真、音楽ファイルを取り込むメディアライブラリーではサムネイルを大きくして見やすくすることができます。

エフェクト & トランジション

ふきだし、シーンの切り替えなど、ビデオや写真に組み合わせることができるエフェクト類が 400 種類以上用意されています。


クロマキー 機能強化

ニュースの天気予報コーナーのような人物の背景に違う映像を組み合わせるクロマキーが利用できます。人物の背景にはブルーシートやグリーンシートが一般的に利用されます。


ペイントアニメーション

専用画面でさまざまな種類のペンと色を選んで文字やイラストを描きます。描いたオブジェクトは描き込んだ順に表示されます。独特の手書きのイラストや文字はビデオのタイトルや、注目シーンを際立たせるのに効果的です。


字幕ルーム 機能強化

字幕機能は映画 DVD のように表示を切り替えられるものと、直接映像に焼き付ける方法を選択できます。切り替え方式の字幕は SRT 形式で入出力が可能です。


タイムラプス

タイムラプス(アングルを固定したデジタルカメラなどで連続撮影した写真を使って作成する動画)を作成する専用モードが用意されています。

効率的な編集画面

ビデオ編集を快適に

PowerDirector 12 は分かりやすい操作画面で、初めてビデオ編集をされる方からビデオ制作が趣味の方まで幅広く効率的に使いこなすことができます。


フル HD プレビューとデュアルモニター

64-bit OS ではプレビュー解像度をフル HD まで上げることができます。プレビュー画面は別のモニターに出力できます。


ホットキーのカスタマイズ

各種編集項目をキーボードを使って呼び出すホットキー(ショートカットキー)を自由に変更できます。 複数のホットキーリストの作成が可能です。


リップル編集

トラックに配置したクリップの一部を切り取った時、後ろに配置したクリップを前に詰めたり、位置を変更しないなどの選択ができます。


自動フェード

トラック上で二つのクリップを重ね合わせた時、自動でフェードトランジションを適用するよう設定できます。

コンテンツアウェア編集 独自機能

ビデオクリップ内のシーンを自動解析

PowerDirector 12 には映像データ内のシーンを自動分析するコンテンツアウェア編集機能が実装されています。パンやズーム、映像データ内の人物の顔認識など、撮影した映像の内容を分析して表示することで、大量の映像データの内容を短時間で把握することができます。また独自技術 TrueTheater™ を利用して、輝度や手ブレを数クリックで補正することができます。

解析

コンテンツアウェア編集を使うとクリップ内のシーンを効率的にチェックすることができ、編集時間を短縮できます。

検出

自動でビデオクリップ内の人物の顔、パン、ズーム、スピーチシーン、モーションシーンをピンポイントで検出します。

強化

ビデオクリップ内の輝度不足、手ブレシーンを TrueTheater™ 技術を使って補正することができます。

編集

コンテンツアウェア編集を使ってクリップを解析した後、任意のシーンのみを個別のクリップとしてタイムラインへ切りだすことができます。

高解像度 4K 映像

フル HD を越える解像度ビデオ

PowerDirector 12 では 64-bit OS ビデオ処理エンジン TrueVelocity™ を利用して Intel Core i7 または AMD FX シリーズ CPU 搭載の 64-bit OS PC で 4K ビデオを取り込み編集をして書きだすことができます。

3D ビデオ編集

3D ビデオも PC で編集

3D ビデオを取り込んだり、2D のビデオを 3D に変換し、 3D のタイトルやトランジション、パーティクルエフェクトを加えて 3D メニューつきディスクを作成できます。

  • 2D から 3D: 2D のビデオと写真を 3D に変換できます。
  • 3D タイトル: 3D のタイトルをビデオに加えることができます。
  • 3D トランジション: 3D 専用のトランジションが用意されています。
  • 3D メニュー: 3D のチャプターメニューを付けて DVD と Blu-ray に
    書き込むことができます。

豊富なエフェクト

PowerDirector 12 Ultra には、追加のエフェクトとテンプレートが含まれています。それ加えて 400 種類を越えるエフェクト、トランジション、ColorDirector 2 の調整プリセットを数クリックでかんたんにビデオや写真に適用することができます。

本格的ビデオエフェクト 新機能

想像力を解放する本格的ビデオエフェクト

PowerDirector 12 Ultra には新しいチルトシフト、レンズフレア-、拡大鏡、ウォーターリフレクションなどのビデオエフェクトを含む 400 を越える本格的なビデオエフェクトやトランジションエフェクトが用意されています。

チルトシフト
レンズフレア
拡大鏡
ウォーターリフレクション

サードパーティープラグイン

PowerDirector 12 は NewBlue 社のプラグインに対応しています。収録されている NewBlue ビデオエッセンシャル 1 に加え、さらに他の NewBlue 社のエフェクトを追加購入して利用できます。CyberLink 公式ストアでエフェクトを購入

追加素材 独自機能

エフェクト、テンプレート、プリセット、チュートリアル

エフェクト、PiP テンプレート、カラープリセットをもっと使いたいとき、PowerDirector 12 の使い方のヒントを学びたいとき、世界の CyberLink 製品のユーザーが集うオンラインコミュニティー DirectorZone で無料の素材を探すことができます。

TrueTheater™ 補正機能

ビデオの明るさ不足や手ブレを簡単補正

TrueTheater™ は CyberLink の映像や音声を補正するための独自技術です。PowerDirector 12 では手ブレや明るさ不足のビデオを補正したり、標準画質のビデオを拡大したときに発生するブロックノイズを低減し、さらに 2D ビデオを 3D 変換することができます。

TrueTheater™ HD

DVD 標準画質の映像を拡大した時に発生するブロックノイズを抑えてクッキリ画質に補正します。

TrueTheater™ Stabilizer

映像中の手ブレを検知して、手ブレを抑えた映像へと補正します。

TrueTheater™ Lighting

暗がりなどで撮影された映像や写真の彩度と輝度を最適な画質へと補正します。

TrueTheater™ De-noise

映像のノイズを自動で検知および削除を行い、自然な画質へと補正します。

高速ビデオ編集

TrueVelocity™ 4 は 64bit-OS の特性をフル活用できるビデオ処理エンジンです。OpenCL とマルチ GPGPU に対応し、CPU の負荷を抑えなお且つ高速のビデオレンダリングを実現します。

さらに高速のビデオ編集

家庭用 PC で高速のビデオ編集を実現

歴代の PowerDirector シリーズは、スピードに改良を重ねてきました。PowerDirector 9* で 64-bit OS でのネイティブ動作に対応し、高速なビデオ編集処理を実現しました。続くバージョンでもさらに ビデオ処理速度の向上を目指し、最新の PowerDirector 12 では TrueVelocity™ 4 レンダリングエンジンによって、HD 解像度でのプレビューや HD ビデオファイルのさらなる高速レンダリングが可能となっています。 ビデオ処理の時間を短縮化によって快適な編集が行えます。

テストケース
ソースクリップ: 1分の長さのクリップ (Full HD AVCHD/29.97FPS) を 縦4本 × 横4本に配置
出力形式: AVC 1920x1080p (18M)
*PowerDirector 12, C社製品はハードウェアエンコード
*A社製品はハードウェアエンコードが行えないため、ソフトウェアエンコード
テスト環境
CPU: Intel Core i5-4430 3.00GHz
メモリー: 8GM
VGA: Intel HD Graphics 4600 (driver version 9.18.10.3165)
OS: Windows 7 64-bit
* "PowerDirector 9 Ultra64 は我々が見た中で最も高速の家庭用ビデオ編集ソフトです。" PC Pro, 2011 (外部英語サイト)
** "PowerDirector 11 は高速のビデオ編集ソフトというだけではなく、かんたんに扱える豊富な編集ツールとわかりやすい直感的なユーザーインターフェースを兼ね揃えています。” PCMag, US, 01/2013 (外部英語サイト)

H.264 のエンコードを従来比 40% 高速化

高速のレンダリング

前バージョンの PowerDirector 11 と比べ PowerDirector 12 の H.264 のエンコード速度は最大で 40% 高速化を実現しました。



テスト環境
Intel Core i5-4430 3.00GHz/ 8GM RAM
Intel HD Graphics 4600/ Windows 7 64-bit
MPEG 4 1280 x 720/60p (24Mbps)

Intel AVX2 で最大 3 倍の高速化

第 4 世代 Intel Core プロセッサーの AVX2 に最適化

PowerDirector 12 は第 4 世代 Intel Core プロセッサー (コードネーム: Haswell) のAVX2 技術に最適化され、PowerDirector 11 と比べて最大 3 倍のレンダリング速度を可能にしています。




テスト環境
Intel Core i5-4430 3.00GHz/ 8GM RAM
Intel HD Graphics 4600/ Windows 7 64-bit
MPEG 4 1920 x 1080/30p (13Mbps)

マルチ GPGPU と
ハードウェア支援技術

最新のハードウェアに最適化

PowerDirector 12 は Intel Core プロセッサー、AMD 社の APU、NVIDIA 社の GPU 技術でのマルチ GPGPU に最適化され、高画質映像の編集時に CPU の負荷を抑えることができます。

SVRT 3

効率的なビデオレンダリング

インテリジェント SVRT が選定したビデオファイル形式の決定後、 SVRT 技術によりビデオ全体ではなく必要な部分だけを高速でレンダリング。ビデオファイル形式の変換処理時間を短縮します。

 

出力のプロファイルが決まったら、SVRT 技術によって修正が必要とされるクリップの位置が解析され、必要部分だけがレンダリングされます。


作品をさまざまな方法で共有

こだわりの作品を共有しましょう。4K 解像度での書き出し、外部のプレイヤーで再生可能な形式で Blu-ray や DVD へ記録、Facebook や YouTube、ニコニコ動画に直接公開することができます。
幅広い出力形式

DVD プレイヤーや Blu-ray レコーダーで再生できるディスク形式で DVD や Blu-ray に記録ができます。スマートフォン向けのビデオファイルの作成やソーシャルメディアに直接公開できます。

サラウンドサウンド

DVD-Video の標準サウンド規格である Dolby Digital 5.1ch に加え、オプションの DTS 5.1ch の入出力に対応しています。* Dolby Digital Plus は入力のみ対応

ソーシャルメディアに共有

編集したビデオを直接 Facebook、YouTube、ニコニコ動画などに直接アップロードすることができます。

PowerDirector Mobile 特典

Windows 8 の新スタート画面から起動できる簡易ビデオ編集アプリを無料でご利用いただけます。

詳しく

PowerDirector 12 Ultra 製品ページ: 製品機能 | 新機能 | 製品比較 | 動作環境 | 機能紹介ビデオ | ビデオ編集講座 | 受賞歴

PowerDirector 12 Ultra の新機能をチェック

PowerDirector 12 Ultra の体験版をご利用ください

PowerDirector 12 Ultra のご購入はこちらから