最新のAI顔認識ビジネス・パートナー各社のソリューションを学ぶ 無料オンラインセミナー実施中 >>
サインイン
2
FAQ (よくあるご質問)
  • アカウント & 購入
  • ダウンロード & インストール
  • 製品
CyberLink サポート センター / FAQ – 製品 / PowerDirector 10でNVIDIAまたはAMDのハードウェア支援技術を有効にする方法
PowerDirector 10でNVIDIAまたはAMDのハードウェア支援技術を有効にする方法
対象製品 : PowerDirector 10.0

PowerDirector 10はハードウェア支援技術を使って、エフェクト、デコード、エンコード時のCPUの負荷を低減させることができます。

以下の機能を利用時にハードウェア支援技術が有効になります。

  • エフェクトのレンダリングとプレビュー

[エフェクトルーム]内で、ハードウェア支援技術が有効になるエフェクトには各社のロゴが表示されます。
Speed up video effect render/preview in PowerDirector

ビデオカードがOpenCLに対応している場合、[環境設定]を開き、[ハードウェアアクセラレーション]をクリックすると、[OpenCL技術を有効にして、ビデオエフェクトのプレビュー/レンダリングを高速にする]という項目が表示されて選べるようになり、OpenCLによるプログラム処理が有効になります。

  • ハードウェアデコード

対応のグラフィックカードがPCに内蔵されている場合、[環境設定]を開き、[ハードウェアアクセラレーション]をクリックすると、[ハードウェアデコーディングを有効にする]という項目が表示されてハードウェアデコードを利用することができます。

注意: 本機能はWindows XPでは利用できません。

  • ハードウェアエンコード

[出力]ウィンドウを開き、[標準2Dタブ]をクリックして、[MPEG-4]もしくは[H.264 AVC]を選択したときに、[ハードウェアビデオエンコーダー]が有効になります。

注意: AMD 社のグラフィックカードを利用した動画のエンコードを行うためには ATI Avivo™ converter V10.10 以降を事前にインストールする必要があります。

【ATI Avivo™ converter の取得方法】

  1. AMDのサイトトップの「ドライバーのダウンロード」で搭載されているドライバーの情報を選び、「結果を見る」をクリックします。
  2. ドライバーのリスト内にある「Avivo Video Converter」を選んでダウンロードします。(Optional download タブ内)

※ 本インストールについて弊社はサポートおよび責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

この情報は役に立ちましたか?
いいえ
はい