PhotoDirector のユーザー インターフェイス

PhotoDirector は、さまざまな管理、調整、レイヤー ツールを備えた画像編集ソフトです。当チュートリアルでは、Cyberlink PhotoDirector のユーザー インターフェイスの概要を説明します。

フル モード

1. PhotoDirector を起動時に、[フル モード] か [エクスプレス モード] のいずれかを選択します。 [フル モード] では、PhotoDirector のすべての機能をご利用いただくことができます。

2. [ライブラリー] モジュールでは、画像を読み込んだり、[フォルダー] や [アルバム] で整理したり、[カレンダー ビュー] で表示することができます。 [フェイス タグ] で人物で整理したり、[フラグ] を付けて、フィルターにかけることもできます。

3. [調整] モジュールでは、色や色調を調整できます。[カーブ]、[HSL/カラー]、[色調]、[ホワイト バランス]、[HDR] など、50 種類を超える調整パラメーターが搭載されています。 50 種類を超えるプリセットも搭載されており、瞬時にアートな写真を表示できます。

4. [ガイド編集] モジュールでは、カラー エフェクトを適用したり、にきびを除去したり、不要なオブジェクトを除去したりすることができます。

5. [編集] モジュールには、レイヤー編集ツールが搭載されています。 簡単操作で各レイヤーを編集して、印象的な画像を作成することができます。

6. [作成] モジュールでは、[スライドショー]、[アニメーション GIF]、[Motion Still] を作成することができます。

7. [プリント] モジュールでは、画像のレイアウトを指定して、印刷を行うことができます。

エクスプレス モード

[エクスプレス モード] は、PhotoDirector のシンプル バージョンです。 プリセットやテンプレートを使って、ワンタッチでプロ品質の画像に変換できます。

調整プリセットを使用する

調整プリセットは、画像に適用可能なデフォルトの調整セットです。 DirectorZone から他のユーザーが作成したプリセットをダウンロード、読み込んだり、自分が作成したプリセットを保存して他の画像に適用したり、共有したりすることができます。

クイック レイヤー テンプレート

クイック レイヤー パックには必要なレイヤー素材が全て含まれており、 簡単に複雑なレイヤー編集をすばやく行えます。

AI スタイル トランスファー

[AI スタイル トランスファー] を使うと、瞬時に名画のスタイルを適用することができます。

免責事項: "Photoshop" および "Lightroom" は、"Adobe" の登録商標です。 "Photoshop"、"Lightroom"、"Adobe" のいずれも、CyberLink Corporation との協力関係はありません。