サインイン
2
ニュースルーム
< 戻る | シェアする
2015年 6月 2日
サイバーリンク、SeeQVault® プレーヤーを Toshiba PC に提供

SeeQVault DRM 技術でプレミアム HDTV コンテンツの持ち出し可能に

台湾 台北(2015年6月2日)CyberLink Corp. (5203.TW): 動画再生やビデオ・写真編集などのマルチメディアソフトにおけるグローバルリーダーであるサイバーリンクは、東芝の PC で初めて SeeQVault 対応メディアプレーヤーとして CyberLink SeeQVault プレーヤーが採用されたことを発表いたします。SeeQVault はデジタル家電(対応機器)やスマートフォン・タブレットなどのモバイル機器へ著作権保護されたコンテンツの保存や移動を可能にする技術で、東芝などエレクトロニクス企業のコンソーシアムが開発した技術です。


現在、著作権保護された HDTV コンテンツはブルーレイディスクにダビングしたり、コンテンツの画質を落として SD カードや USB メモリ、スマートフォンやタブレットなどのモバイル機器に限定的に移動することは可能でしたが、消費者にとって、その取り扱いが不便であっただけでなく、HDTV コンテンツの成長を阻害するものでした。SeeQVault 技術によって保護された HDTV コンテンツはデスクップ PC やノート PC などの対応機器で見ることができます。

サイバーリンク 最高経営責任者 (CEO) アリス・チャン (Alice H. Chang)は以下のようにコメントしています。「サイバーリンクは常にメディア再生技術の最前線におり、新しい映像と音声技術の対応をリードしてきました。我々は SeeQVault により消費者のエンターテイメントエコシステムの拡大とプレミアムコンテンツを見る際のさらなる自由を提供するプレーヤーを市場にもたらした東芝の最初のパートナーとなったことに興奮しています。

サイバーリンクの SeeQVault プレーヤーは下記のレグザサーバー/レグザブルーレイでコピーした映像を再生することができます。:
<レグザサーバー>
DBR-M590、DBR-T550、DBR-T560
<レグザブルーレイ>
DBR-Z510、DBR-Z520

【本製品について】
サイバーリンク SeeQVault プレーヤーは最初に東芝製 PC にバンドルされ、日本市場に登場します。

※ 本プレスリリースは、CyberLink 社による発表資料の参考翻訳です。原文及び詳細はこちらをご確認ください。


■サイバーリンクについて
サイバーリンクは 1996 年に設立。PC 上で作動するデジタルマルチメディア分野での世界的リーダーであり、パイオニアです。優秀なソフトウェアエンジニアらにより、コーデックを中心とする多数の特許に裏付けられた技術を所有しています。今日、サイバーリンクは世界をリードする PC メーカーへの高い技術の提供、迅速な製品化への貢献にてその名声を築きました。我々のビジネスパートナーは、IT 産業のリーダーとなる PC メーカー、ドライブメーカー、グラフィックスカードメーカー等です。

■サイバーリンクのソフトウェア
サイバーリンクは PC を初めて扱う方からエキスパートまで、デジタルメディアをかんたんな操作で扱えるソフトウェアを提供するため、4 つのテーマ(概念)を掲げています。

  • クリエイト(創造) - ホームビデオカメラで撮影した映像を使ってプロレベルの編集を可能にします。(PowerDirector シリーズ)
  • プレイ(再生) - Blu-ray™、DVD、動画ファイルなどあらゆるメディアを再生します。(PowerDVD シリーズ)
  • モバイル - Android™、iOS®、Windows® 8 対応再生 & 編集アプリの開発と提供をしています。
  • クラウド - PC とデバイス間で動画、写真、音楽を同期したり、ビデオや写真の編集プロジェクト、テンプレートを安全にバックアップします。

■本ニュースリリースについて
本ニュースリリースに記載されている内容および製品情報については、市場動向、社会状況、経営方針の変更等により将来的に変わる可能性があります。本ニュースリリースに記載されている記載内容に関する永続的な整合性をサイバーリンク株式会社が保証するものではありません。

■お問い合わせ先
担当: 相蘇 和貴 contact_pr_jpn@cyberlink.com

ここに記載されたすべての会社名と製品名は認識目的でのみ使用され、それぞれの所有者の財産です。
Copyright 2015 CyberLink Corp. 無断複写・複製・転載を禁ず。