現在、保険・金融業界において、ネットワークセキュリティ上の脅威がより大きくなっており、AIを活用した高度な顔認証テクノロジーによる認証ソリューションの必要性が高まっています。

常に潜む脅威に対抗するために、IDカード等による本人認証や、不正の防止に対しての強化が必要とされました。保険会社や銀行などの金融機関は、最新の本人認証(KYC)およびマネーロンダリング防止(AML)の基準を達成するため、AIテクノロジーの導入を進めています。AIテクノロジーを使用することで、なりすましによる詐欺などの金融犯罪の不正防止だけでなく、顧客の識別および本人認証のプロセスをより強化することができます。

これらの高度な不正防止の要件は、昨今の感染症状況で発生した移動や物流の制限によって、より大きな困難に直面しています。保険・金融業界は、不正防止プロセスを迅速にデジタル化し、これらの対策をオンラインや店頭での取引に統合する必要があります。

生体認証技術を使用したeKYC(electronic Know Your Customer)による本人認証により、不正を防止しながら認証プロセスのデジタル化を促進することができます。口座開設、クレジット、保険契約などの申請や、日常の取引、カスタマーサポートなどの様々な場面においてのリモートサービス化への需要が増加しています。保険・金融業界は、eKYCなどの認証技術を取り入れることによって、安全な無人・リモート化を実現しすることが可能で、コロナ渦における感染症対策への大きなステップとなります。

従来型の本人認証とeKYCの必要性

本人認証とは、銀行などの金融機関で不正を防止するための仕組みで、現在ではパスワードや2要素認証などの保護手段が用いられています。米国の金融業規制機構が策定した本人認証ルールによると、金融機関は顧客に関する重要な記録を保持し、取引に関連する本人認証、適合性、リスクなどを検証することが求められています。主要な金融機関では、手動による本人認証の作業と顧客の財務状況やリスクの調査に、年間最大500億ドルを費やしています

本人認証は、金融機関とその顧客を保護するために必要不可欠なものです。また、資金の流れを追跡するためにも役立ちます。金融機関がより大きなセキュリティ面でのリスクに直面するにつれ、金融機関や顧客に大きなメリットをもたらすeKYCへの需要が高まっています。

eKYCを使用することで、従来の本人認証プロセスをより安全に、迅速に、そしてリモートで行うことが可能となります。本人認証は、デジタル認証と顔認証などの生体認証技術を使用して行われます。eKYCの利点は次の通りです。

eKYCによる本人認証が従来と同じレベルの安全性を満たすことを保証するために、金融機関は高レベルの安全性と信頼性を備えた電子認証プロセスを導入する必要があります。

それでは、eKYCで実現される顧客と金融機関を保護するための主要な生体認証技術をご紹介します。

eKYCで使用される主要な生体認証技術

金融機関は、資産保護のために高度なテクノロジーを導入しています。eKYCで使用される主要な生体認証技術は、下記の3つです。

  1. 指紋認証:専用のセンサーを使用して指紋パターンを検出することで、個人を特定します。
  2. 虹彩認証:虹彩の固有のパターンを検出することで、個人を特定します。
  3. 顔認証:顔の特徴点を抽出して、個人を特定します。

これら3つの認証技術にはそれぞれ特徴があります。各技術の特徴についてみていきましょう。

虹彩認証は高速かつ高精度ですが、対応するカメラが限られており、コストも高価です。顔認証は市場で広く普及している比較的安価なカメラを使用できるという利点があります。また指紋認証では、物理的な接触が必要となるため、これに伴う衛生上の問題や、指の汚れや皮脂が原因でセンサーが指紋を識別できないといった問題が発生する可能性があります。以上のような特徴から、顔認証は物理的な接触を回避できるため衛生的であり、かつ手頃なコストで導入できるため、柔軟性に優れた認証技術として評価されています。

上記の比較を念頭に置いて、保険・金融業界の取引プロセスを保護するために顔認証がどのように活用されているかを詳しくご案内します。

顔認証技術とは

顔認証は、顔の特徴点を抽出し、事前に登録された個人情報やスキャンされた顔写真付きの身分証明書と照合する生体認証技術です。この技術は認証のために顔を検出し、その特徴点を抽出したうえで、データベース内の情報と照合しています。近年のニューラルネットワークと推論モデルに基づくAIテクノロジーの進歩によって、ソフトウェアでさらに正確な顔認証モデルを作成できるようになりました。

FaceMe®のような最先端の顔認証技術を、カメラを備えた様々なエッジデバイスにSDKを使用して実装することができます。デバイス上のカメラでライブ映像から顔が検出されると、顔の特徴点が抽出されテンプレートに変換されます。テンプレートは、顔の特徴点情報を含む、暗号化された小容量のファイルです。このテンプレートがデータベース上にあらかじめ登録されたテンプレート、または対象者の身分証明書上の写真から作成されたテンプレートと比較照合されます。認証プロセスが正常に完了することで、ソフトウェア上での金融取引を開始することができます。

主要な生体認証技術の比較

指紋
虹彩
2D顔認証
3D顔認証

認識率

使いやすさ

Δ

速度

衛生

特別なハードウェア

指紋センサー
虹彩スキャナー
デバイス内蔵の2Dカメラ
3D深度カメラ

ハードウェアコスト

リモート登録

不可
不可
Ο

ブラックリスト・侵入者防止

不可
不可

このような高度なプロセスが行われるeKYCでの顔認証ですが、保険・金融業界においてeKYCが実装されるプラットフォームは多岐にわたります。このため、以下のような多くのソフトウェアおよびハードウェアに実装可能な顔認証ソリューションが必要となります。

このような幅広いオプションが用意されていることにより、顔認証技術は保険・金融業界の様々な場面で、セキュリティ対策の強化に貢献することができます。顔認証を使用したeKYCの例をいくつかご紹介します。

保険・金融業界におけるより安全な手続きの実現

顔認証は、店頭およびオンラインで行われる様々な手続きにおいて本人認証を強化するための鍵となっています。

顧客は、金融機関にお金や個人情報を預けるにあたって、それらの安全を保つため最高レベルのセキュリティを期待しています。金融機関は、顧客の登録プロセスにeKYCを組み込むことによって、顧客の信頼に応えることができます。これは、保険・金融業界におけるもっとも幅広い用途で、銀行口座の開設やローン、クレジットの申し込みなどの手続きで採用される可能性があります。

このソリューションによって、顧客の財務状況などの口座開設に必要な情報をすばやく照合し、手続きをスピードアップすることができます。

例えば銀行口座を開設する際のプロセスにおいて、顔認証は以下のように使用されます。

上記は銀行でのプロセスですが、同様のeKYCソリューションを使用して、証券会社や保険会社での手続きを強化することもできます。