サインイン
1
ニュースルーム
< 戻る | シェアする
2010年 10月 26日
サイバーリンク、PowerDVD 10 が AMD 社グラフィックカード Radeon HD 6800 を利用した Blu- ray 3D MVC の再生と HDMI 1.4 での出力に対応

サイバーリンク社、高速ファイル変換ソフト「MediaEspresso 6」を発表

台湾、台北 -2010年10月25日-本日サイバーリンク社 (5203.TW)は、PowerDVD が AMD 社の最新グラフィックカード Radeon HD 6800 で最高画質の3D立体視をサポートすることを発表しました。

次回のバージョンアップデートにより、PowerDVD は AMD社 Radeon HD 6800 のビデオプロセッサ「ユニファイド・ビデオ・デコーダ」(Unified Video Decoder) と HDMI1.4a を利用して最新の 3D 対応テレビに最高画質の Blu-ray 3D を出力が可能となります。ホームシアター環境では HDMI1.4 対応ケーブルを通してロスレスパススルーでの出力が行えます。PowerDVD は AMD Radeon HD 6800 の 再生能力を最大限に引き出し、最大ビットレート60 MbpsでBlu-ray 3D MVC (Multiview Video Coding) フォーマットの立体視映像の再生を行います。

サイバーリンク 最高経営責任者 (CEO) アリス・チャン (Alice H. Chang) は、以下のようにコメントしています。
「サイバーリンクは常に最良のエンタテイメントエクスペリエンスの提供に力を注いでいます。高速ビデオ再生ソフトである PowerDVD 10 の AMD 社 Radeon HD 6800 への対応により、PowerDVD 10 Ultra 3D でBlu-ray 3D を最高画質でお楽しみ頂けるようになります。」
AMD 社 上級副社長兼GPUディビジョン ジェネラルマネージャ Matt Skynner 様より以下のコメントを頂いております。
「高速並列処理と DirectX 11 をサポートする AMD 社グラフィックカード Radeon シリーズに最適化された PowerDVD 10 について、サイバーリンク社とより密接に取り組むことができたことを大変嬉しく思っております。新たな PowerDVD 10 Ultra 3D と Radeon HD 6800 のユニファイド・ビデオ・デコーダ及び HDMI1.4a を利用して美しい 3D 映像をお楽しみいただけます。」

■本製品について
PowerDVD 10 の最新アップデートは 2010年 11月 を予定しております。

■サイバーリンク株式会社について
サイバーリンク株式会社(東京都港区、代表取締役社長:Peter Lin )は、サイバーリンク社のライセンス製品、OEM製品の提案・販売等を行っています。
■本ニュースリリースについて
本ニュースリリースに記載されている内容および製品情報については、市場動向、社会状況、経営方針の変更等により将来的に変わる可能性があります。本ニュースリリースに記載されている記載内容に関する永続的な整合性をサイバーリンク 株式会社が保証するものではありません。
■技術的なご質問に関しては下記URLよりメールフォームをご利用の上お問い合わせください。
http://jp.cyberlink.com/prog/support/cs/support-login.jsp
■お問い合わせ先
担当 岩崎亜希子
contact_pr_jpn@cyberlink.com
ここに記載されたすべての会社名と製品名は認識目的でのみ使用され、それぞれの所有者の財産です。
Copyright 2010 CyberLink Corp. 無断複写・複製・転載を禁ず。.