ビデオ編集チュートリアル

PowerDirector で360° 動画を編集する(各項目メニュー)

By CyberLink Learning Center

PowerDirector には 360° 動画編集ツールが搭載されています。360° カメラから映像を読み込んで、エフェクトやテキストなどを付けてファイルを編集したり、作成した作品を世界中のユーザーと共有することができます。
※360° 動画の編集はバージョン 15 以降の PowerDirector で対応しています。

ここでは、360° 動画の作成方法を説明します。

360° の動画を読み込む

360° 動画を編集する前に、2 つの映像を貼り付ける必要があります。

  • 360° 動画を処理する
  • Samsung Gear 360 から 360° 動画を読み込む
  • RICOH Theta S から 360° 動画を読み込む
  • Kodak SP360 から 360° 動画を読み込む
  • LG 360 から 360° 動画を読み込む
  • 360°動画を編集する

    360° 編集ツールを使うと、基本のトリミングから高度な編集 (タイトル、アニメーション PiP、オブジェクトなどの追加) を行うことができます。

  • 基本編集 - トリミング&トランジション
  • 360° 動画にタイトルを追加する
  • 360° 動画に PiP を追加する
  • TrueTheater を使って 360° 動画を補正する
  • 360° 動画にエフェクトを追加する
  • 360°動画を出力する

    編集が完了したら、出力、共有を行います。360° 動画の出力、共有方法を説明します。

  • 360° 動画を出力する
  • ビュー デザイナーを使って 360° 動画を 2D 動画に出力する
  • 製品についてのお問い合わせ: カスタマーサポート
    その他の製品関連ビデオ: DirectorZone

    おすすめセール
    おすすめコンテンツ
    無料体験版