ビデオ編集チュートリアル

360°動画に PiP オブジェクト(画像やアニメーション)を追加する

By CyberLink Learning Center

[PiP デザイナー] について説明します。[メディア ライブラリー] に入っている既存の PiP オブジェクトから選択したり、手持ちの画像を読み込んだり、360° 動画に重ねて表示させることができます。

手順 1. PiP オブジェクトをタイムラインに追加する

[PiP ルーム] を開くには、 アイコンをクリックします。ここから既存の PiP オブジェクトを選択することができます。

次のように、360° 動画に PiP オブジェクトを追加して、楽しい演出を加えることができます。

  • 360° 動画にサインやアイコン (矢印や Facebook の「いいね!」ボタン) を追加。
  • 紙飛行機などの動くオブジェクトを追加。
  • 三脚カバー で、 360° 映像撮影用の三脚をカバー。

PiP オブジェクトを追加するには、[PiP ルーム] から PiP オブジェクトをドラッグ&ドロップします。ここでは、Facebook の「いいね!」ボタンをトラック 1 の動画に追加します。そこで、トラック 2 に PiP オブジェクトを配置することができます。

手順 2. PiP オブジェクトを編集する

PiP オブジェクトの位置を変更するには、 アイコンをクリックしてフラット モードに切り替えます (アイコンが白に変化)。プレビュー ウィンドウから PiP オブジェクトを動かしたり、サイズを変更することができます。

ヒント:360° 再生時も映像がゆがまないように、PiP オブジェクトは画面の中央ラインに置きます。PiP オブジェクトを上下に配置すると、360° モードではゆがんで表示されます。

PiP オブジェクトをカスタマイズ (シャドウ、反射効果、境界線などを追加) するには、PiP オブジェクトをダブルクリックして [PiP ルーム] を開きます。

次のチュートリアルでは、TrueTheater の補正技術について説明します。

製品についてのお問い合わせ: カスタマーサポート
その他の製品関連ビデオ: DirectorZone

おすすめセール
おすすめコンテンツ
無料体験版