ビデオ編集チュートリアル

Gear 360 ActionDirector で動画を読み込む

By CyberLink Learning Center

ここでは、Gear 360 から取り込んだ動画を Gear 360 ActionDirector に読み込む方法を説明します。 Gear 360 から取り込んだクリップ (dual-sphere 形式) は、下の (1) のように表示されます。動画を編集して、YouTube や Facebook にアップロードする場合、パノラマ形式 (2) に貼り付ける必要があります。ここでは、Gear 360 ActionDirector での貼り付けについて紹介します。

Gear 360 ActionDirector を起動して、[360°VR 動画] 編集モードを選択します。

360° の動画を読み込む

Gear 360 から動画ファイルをドラッグして、[メディア ルーム] にドロップします。 ボタンをクリックして、ファイルを読み込むこともできます。

次に、360° 動画の貼り付けが自動的に開始されます (進行状況バーが表示されます)。貼り付けが完了したら、編集を開始できます。

360° クリップをプレビューする

(パノラマ表示モード) と (360° 表示モード) をクリックすると、表示が切り替わります。

[360° 表示モード] でカーソルを前後左右に動かすと、さまざまな角度で表示できます。貼り付けた動画ファイルを探すには、[メディア ルーム] のクリップを右クリックして、[ファイルの場所を開く] を選択します。ここからファイルを確認して、PowerDirector 15 と同様に細かい編集を行うことができます。

編集の準備ができました。次は、[ストーリーボード] について説明します。

>> Gear 360 ActionDirector の基本編集機能

製品についてのお問い合わせ: カスタマーサポート
その他の製品関連ビデオ: DirectorZone

おすすめセール
おすすめコンテンツ
無料体験版