ビデオ編集チュートリアル

マスク デザイナーを使ってマスクを作成するには | PowerDirector 動画編集チュートリアル

By CyberLink Learning Center

PowerDirector 17 の [マスク デザイナー] には、新しいペイント マスクやブラシ マスクが搭載されています。当チュートリアルでは、強化された [マスク デザイナー] でブラシ マスクを作成する方法を説明します。

手順 1.マスク デザイナーでマスクを作成する

先に、メディア ルームから画像をタイムラインの二番目 (トラック 2) にドラッグ&ドロップし、背景画像をタイムラインの一番上 (トラック 1) にドラッグします。

次に、画像をクリックして画面中央の [デザイナー] ボタンをクリックして、[マスク デザイナー] を選択します。

[マスク デザイナー] から好みのテンプレートを選択します。 カスタムのマスクを作成することもできます。
イメージ マスクを作成: 画像を読み込んでイメージ マスクを作成します。

テキスト マスクを作成: 画像に追加するテキストを入力します。[フォント/段落] で、フォント スタイルやサイズなどを調整します。テキスト マスク自体のサイズは、プレビュー ウィンドウで調整します。

さらにテキストを追加するには、パネル上の をクリックします。

ブラシ マスクを作成: ブラシを使って、特定の領域のみをマークしてマスクを作成します。

複数のツールから選択、ブラシの幅を調整してマスクを作成します。トレーシング ペーパーの透明度を調整しながら、マスクの状態を確認することもできます。

キーフレームを使って、マスクの位置、拡大/縮小、不透明度、回転などを調整することもできます。

画像をダブルクリックすると [プロパティー] が表示されます。ここでマスクの調整内容を確認できます。
編集が完了したら、[OK] をクリックします。

製品についてのお問い合わせ: カスタマーサポート
その他の製品関連ビデオ: DirectorZone

おすすめセール
おすすめコンテンツ
無料体験版