ビデオ編集チュートリアル

ペイント デザイナーで手書きのエフェクトをデザインするには | PowerDirector 動画編集チュートリアル

By CyberLink Learning Center

[ペイント デザイナー] を使うと、動きのある手描きオブジェクト (サインなど) を作成して、カラー ボード、画像、ビデオ クリップの上に表示することができます。手描きオブジェクトの再生/停止時間を設定することもできます。

手順 1.ペイント デザイナーでオーバーレイ ペイント エフェクトを作成する

メディアをタイムラインの上のトラックにドラッグします。

[プラグイン] アイコン をクリックして、[ペイント デザイナー] を選択します。

ブラシの色、種類、幅を設定、調整します。

[再生]、[フリーズ] の設定で、手描きオブジェクトの再生時間と終了してからの停止時間を設定することができます。

描画が完了したら、[OK] をクリックしてテンプレートを保存します。

手順 2:ペイント デザイナーを動画に追加する

[ビデオ オーバーレイ ルーム] >[カスタム] を開くと、保存したテンプレートが表示されます。

テンプレートをカスタム フォルダーからタイムラインにドラッグ&ドロップし、手描きオブジェクトを動画に適用します。

製品についてのお問い合わせ: カスタマーサポート
その他の製品関連ビデオ: DirectorZone

おすすめセール
おすすめコンテンツ
無料体験版