フューチャーストーリー

新たな映像クリエイターに - CyberLink がスタジオをサポート

独立系映画製作者をサポートする新ベンチャー

John Schneider さんはアメリカのテレビ番組シリーズ「爆発!デューク」のボーデュークの描画で有名です。テレビシリーズの「ヤングスーパーマン」ででクラークケントの父親役でも知られています。Johon さんは役者として成功を収めている以外に、作家、監督そして、スタジオのオーナーを務めています。今年の1月に Johon さんは、南東部のルイジアナ州の土地の58エーカーの土地に自身の名前を付けたスタジオを設立しました。CyberLink ではこのスタジオに、Director Suite を寄贈し、スタジオでの映像制作のサポートを行っています。

北米の映画産業は南へ

この10年ルイジアナでは映画やテレビ制作者には魅力的な税優遇措置により、映像産業が発達してきました。この発展は「南のハリウッド」と呼ばれるようになります。Johnさんは、ロケ地を見つけながら、映像制作の機会を発掘しました。「一番の魅力はなんといっても豊富な映像作品向けのロケ地です。東南アジアのような竹林や湿地、川が遠くない距離に点在しています。すべての必要なシーンをここで撮影することができるのです。」

スタジオにはアウトドア向けのさまざまな要素がそろっています。湖、沼、竹林などのロケ地が近くに点在しています。

新たなクリエイターを生み出すために

最初の作品はすでにこの場所で撮影をされています。コメディー要素のあるホラー映画「Smothered」はJohonさん自身が脚本を下記、監督をしました。最近は数多くの独立系映画製作者が映画を制作しています。それらのほとんどはメジャースタジオ以外のところで制作されています。Johnさんのスタジオは革新的な映画製作者に制作のオファーをして、彼らは収益を上げています。Johnさんのスタジオに対するビジョンは、映画製作者が潤沢な資金を無駄に使うのではなく、彼らの夢の実現に使うことです。目下のところ、限られた予算で映画を制作するには、彼のスタジオはとても魅力的となっています。

John と「Smothered」ぬスタッフはスタジオの湖でシーンの撮影を行いました。

必要な映画製作のツールを提供

豊富なロケ地に加えて、John さんのスタジオは他にも魅力的なポストプロダクションのツールを独立系映画製作者に提供します。アートサウンドステージは 2 つのポストプロダクション用作業場を融資、監督と編集者が Director Suite を使って各種ポストプロダクション作業に当たることができます。どのようなポストプロダクション作業が大切かと彼に伺った後、少々意外な答えが返ってきました。「まずポストプロダクションで大切になるのは音声です。音声によって、映画の世界が小さくなり、または広がっていくことができます。」AudioDirector を使うことで、映画の音声を完ぺきに仕上げることができます。ミキシングパネルではそれぞれのサウンドトラックを編集、エフェクトを加え、最終的なマスタリングまでを行うことができます。

John さんのプロダクションである Fairlight Films は 2015 年に新たな映画の製作を予定しています。スタジオの機器や雰囲気にぴったりな心理ドラマになるそうです。

新人映画製作者のメリット

独立系の映画シーンに何か大きなものをもたらそうとしていたり、ハリウッドのような予算無しで素晴らしい映画を再作したいという夢をどう実現させるのか。「私の最大のアドバイスは、ストーリーをどのように伝えるのかを考えるということです。他の人が既にやっているような型にはまったものから抜け出すのに重要となります。物語が観衆にとって価値のあるものであれば、きっとうまくいくはずです。残念ながらこの目的のためには近道はありません。辛抱強くこつこつとやっていくしかないのです。」

Johnさんは新人の映画製作者に、ストーリーの大切さについて熱心に訴えていました。

おすすめセール
おすすめコンテンツ
無料体験版